住み替えの際の不動産売却について

住み替えの際の不動産売却では、できるだけ高く売却するということが重要になります。高く売却することができれば、新しい家のローンの頭金とすることができますし、積極的に繰り上げ返済をして、利息を減らすこともできます。

住み替えでは、先に家を売るのか、家を売ってから新しい家を購入するのかという問題があります。実家など、他に住む家があるならば、先に家を売ってしまうのが安全かもしれません。しかし、一時的に賃貸などに住む場合には、コストがかかりますので、家の売却と新しい家の購入を同時にすることになるケースも多いでしょう。タイムリミットがある場合には、家の値段を下げることも検討しなければならないという点にも注意が必要です。

不動産売却で重要なのは、複数の不動産会社を比較して、できるだけ高く売却してくれるところと契約をすることです。家を高く売ることができて、手元に残るお金が多ければ、新しい家を購入するときのローン審査で有利になります。逆に、家を売ってもローンが残ってしまう場合には、通常の住宅ローンは利用できず、住み替えローンを利用して、新しいローンに前のローン残高を上乗せすることになるでしょう。しかし、よほど収入に余裕がある人でなければ、前のローンを上乗せして住み替えローンを組むことは、難易度が高いです。仮に審査に通ったとしても、その後の返済で苦しむ可能性があります。一括査定などを利用して複数の会社に査定をしてもらい、信頼ができて高く売ってくれる不動産会社を探しましょう。
不動産売却マン|不動産売却査定から高く売るまでの流れを徹底解説!はこちら